スタッフブログ

スタッフブログ

1 2 3 4 5 6 9

受験からの精神不安

2017年12月26日 火曜日

中学3年生 女性   ホットなお湯割り1

 

 最近、情緒不安定で、イライラ、食欲不振、不眠、生理不順もあり、

お母さんが心配で本人と一緒に来店。

中3と言うこともあり受験の事を話すと特に試験の日は緊張で吐き気や

動悸などもあり、生理も不定期でいつくるかわからない状態。

漢方薬を2種類投与。

 

 15日後、吐き気やイライラ感、不眠などが改善傾向、

 1ヶ月後、吐き気や不眠もなくなり、情緒不安もかなり改善したと

       自覚してきました。

 2ヶ月後、生理もくるようになり、受験勉強にも集中できるように

      なりました。

 現在は、漢方薬1種類と、合格めざして記憶力、免疫力アップのため

     レバコール(アミノ酸製剤)を併用して継続中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肝機能低下を伴うしつこい痒み。

2017年9月11日 月曜日

59才 男性

 全身に乾燥性の湿疹

 

半年前から仕事が変わり、生活環境・食生活が不規則になり、その頃から全身に痒みを伴う湿疹が出来はじめて、今は痒くて夜も眠れない状態。

皮膚科を受診したが、原因もわからず、軟膏のみを出されたがいっこうに良くならず、原因もわからないため不審に思い来店されました。

 H29年2月初回来店

 全身にカサカサした湿疹。食事は1日2食。偏食気味。夕食はほとんど食べずアルコール2L位飲酒。5KGくらい体重減。

原因は、栄養不足とアルコールによる肝機能の低下などが、考えられ食生活の改善とアルコールの摂取を控えるように指導。

タウロミン錠(体質改善和漢薬)と自家製の軟膏剤、敏感肌用の保湿クリーム(アイプリーナ保湿クリーム)アイプリーナ石けん等をご購入戴きました。

 1月後 :皮膚のかさつきや肌色が改善。痒みも以前よりは落ち着く。継続投与。

 2ヶ月後:改善していたが、数日前より悪化。湿疹と痒みが再発、 飲酒の量が増えたため。アルコールの摂取量を注意。漢方薬を追加。

 3ヶ月後:痒み、皮膚のかさつき改善。軟膏は痒みのあるところのみになり、保湿のロージョン、クリームでスキンケアを指導。内服薬は継続。

 5ヶ月後:湿疹再発で来店。痒みと湿疹:太ももと上腕部。良くなったので、1月服用していなかった。表面は良くなっても体内ではまだ治療中のため服用を止めると再発してしまうことをお話しして、漢方薬とスキンケアを再開しました。

 6ヶ月後:湿疹も痒みもなくなり肌色もキレイになりました、半年前とは別人のようです。まだ完全ではないので、漢方薬も継続するようお話しました。

 

 

育児ノイローゼ

2017年8月11日 金曜日

古河市 32才 女性、

育児ノイローゼ、パニック障害

処方箋薬:デパス、アデホス、メリスロン、セファドール

 昨年の12月から右耳の耳閉感や目眩が起こるようになり、今年1月に車を運転中にひどい目眩と動悸がして、パニックを起こしてしまい、それ以後、目眩と不安感、動悸などがして運転が出来なくなる。

耳鼻科を受診、育児による疲労とストレスによる耳管開放症と診断、処方箋薬を服用している。

 服用していて目眩は改善、デパスを服用していれば不安感は落ち着いてはきているが、飲まないと不安感、動悸がしてくる、このままずっと、デパスを服用し続けなくてはいけないのかと、また不安になり、加えて現実感のなさと脱力感が加わり、HPをみて5月に来店されました。

 現在4才のお子さんを子育て中、お話を伺うと、持病でパニック障害があり、また出産後から睡眠不足と疲労で、鬱もこの頃から起こして、イライラや肩こり疲労は慢性化、加えて不安感と動悸、パニック障害も再発して、どうしたらよいかわからず困惑状態でした。

体質に合う漢方薬と疲労と免疫力アップ、自津神経を整えるために天然のアミノ酸製剤「レバコールS」を服用していただきました。

 1ヶ月後、不安感、動悸、イライラが改善されてきましたが、まだ、デパスを飲むのを止めることが怖くて出来ないとのこと。まずは1日2回から1日1回朝だけデパスを服用してみるよう提案。「デパスはいずれ服用しなくても大丈夫になるので焦らなくて大丈夫よ。」とアドバイスして安心して帰られました。

 3ヶ月後、「デパスも飲まなくても大丈夫になりました!随分良くなってきました。」と笑顔で来店。体調がよいため漢方とレバコールSは継続して服用されています。

 

多囊胞性卵巣を克服しての妊娠

2017年6月7日 水曜日

奥さま 32才 ご主人 36才      KY55_12

 

ご結婚6年目(第一子不妊)

 

 お子さんはまだおられませんでした。(第一子不妊)

 

少し肥満気味で高血圧・慢性喘息。病院に不妊治療で5年目。

 

子宮奇形があり、多囊胞性卵巣と診断され、卵巣、卵管の手術。

 

過去に人工授精(AIH)1回経験されましたが、妊娠には至りませんでした。

 

クロミット錠(排卵誘発剤)、デュファストン(黄体ホルモン)、当帰芍薬散を1年以上服用されましたが

 

妊娠には至らずその間20KG近く体重が増加してしまい、現在はすべて服用していません。

 

 昨年の11月に来店され、ショウキT-11日2包と松康泉1日6粒を服用いただきました。

 

また下半身の冷えが強いため、温灸を毎日して頂きました。

 

 その後冷えも改善され体調も良いとのことで継続され、今年の4月に待望の妊娠!

 

現在も順調に育っております。 ショウキT-1と松康泉1日6粒は流産防止と「健康な赤ちゃんが生まれる

 

お守り(奥さま曰く)」として服用継続中です。

 

 

1 2 3 4 5 6 9
ページの先頭へ戻る