スタッフブログ

スタッフブログ

むずむず脚症候群

2015年3月23日 月曜日

                   むずむず脚症候群

 

                            夜に脚がむずむずしたり、脚を動かしたくなったりして、眠れない・・・もしかすると、「むずむず脚症候群」かもしれません。
                       むずむず脚症候群は、正式には「レストレス・レッグス・シンドローム(RLS)」と呼ばれています。

     日本では、人口の約2~5%、20~50人に1人の割合で発症していると推定されています。

                   40歳代から増加し、60~70歳代に最も多く見られるような女性は男性の約1,5倍多い傾向にあると言われています。
                         

      むずむず脚症候群には次の特徴的な4つの症状がみられます。
        ① 脚の不快な感覚と脚を動かしたいという強い欲求がある。
     ② じっといている時に症状があらわれる。または強まる。
     ③ 脚を動かすことで症状が軽くなる。または消える。
     ④ 夕方から夜にかけて症状があらわれる。または強まる。

 

  特に夕方から夜間にかけて、太ももやふくらはぎが”むずむずする”ような不快感が起こり、脚を動かさずにはいられなくなるのが特徴です。

  この不快感により「横になってもいられず、.寝つけない」、「途中で目が覚めてしまう」など不眠につながることもあります。

   原因としては、「鉄の欠乏」「神経機能障害」などが考えられており、症状に応じて、医療機関での薬物治療が行われています。
  日常生活では、生活習慣の見直しや工夫を行うことで症状の改善が期待できます。食事はバランスの取れた食事を心がけ鉄分不足には

      注意しましょう。

   また、カフェインを多く含む飲料やアルコール、たばこは症状を悪化させてしまう可能性があります。睡眠にも影響を及ぼすため、

       特に夕方以降は避けましょう。
  生活習慣では、ウォーキングやストレッチといった適度な運動を取り入れ、就寝前に入浴して筋肉のマッサージをしたりすることが

       おすすめです。

   また、座っている時には会話やゲームなど自分なりに集中、熱中できることを見つけ、症状から注意をそらすことも大切です。

 

子宮内膜症について

2015年3月11日 水曜日

 先日タレントの藤崎奈々子さんがblogで子宮内膜症である事を発表されていましたが、子宮内膜症の患者数は最近急増し20代から40代で日本における患者数は100万人とも200万人とも言われ「生理のある女性の7人に1人に存在する」と言われています。

子宮内膜症とは、子宮内膜あるいはそれと似た組織が子宮内腔以外の部位に出来る疾患です。女性ホルモン(エストロゲン)の刺激を受けて増殖します。

主な症状は、痛みと不妊です。月経時以外の下腹部痛・性交時痛・排便痛がみられます。また卵管周囲の癒着によって不妊の原因になります。

卵巣内で子宮内膜症によって発生した細胞が増殖すると古い血液が溜まる「チョコレート嚢胞」という病態になり、筋層内に細胞が入り込むと「子宮腺筋症」という病態になります。

原因は卵管を経て逆流した月経血中にある子宮内膜細胞が、腹腔内に到達し腹腔面に生着するという説と腹膜がエストロゲンや月経血の刺激を受け子宮内膜組織のように変化して子宮内膜症が発生する説があります。

エストロゲンの刺激を受けない様に排卵を止める事により子宮内膜症は良くなりますが、排卵しない為に妊娠は出来ません。治療を優先するか、妊娠を優先するか病院でも難しい判断となります。

いずれにしろ体内において「電気信号(指示系統)が乱れて」子宮内膜細胞が子宮内膜以外に発生してしまう事がザックリとした原因ですので、この「乱れを正常化させる」事が改善に繋がります。

 

  病院での子宮内膜症の治療法は、ホルモン薬物療法(低用量ピル)か手術療法(卵巣または子宮を除去する)になります。しかし、強いホルモン剤であるピルは様々な不定愁訴や血栓症などの副作用を引き起こす恐れがありますし、手術で子宮や卵巣を取り除くというのも妊娠前の女性にとっては大問題です。

 

当店では、自然からの恵みの成分である「ショウキT-1(タンポポ茶)」や漢方薬の「三七人参」をお薦めしてとても効果をあらわしております。

 たんぽぽ茶「ショウキT-1」の有効成分である糖鎖は60兆個と言われる身体の全ての細胞に触角のように付随し、各細胞間の信号伝達をスムーズに行う役目を担っています。ショウキT-1で信号の乱れを律し子宮内膜症を改善していきます。

 

 三七人参」はウコギ科人参属の生薬です。古代から滋養強壮・疲労回復鎮痛はもとより、抗菌、止血・活血、抗がん作用があるとされ、婦人病でも生理痛、子宮筋腫、卵巣囊胞、不妊症、更年期などのほとんどの症状が改善すると言われています。子宮内膜症、卵巣囊胞では、古くなって固まった血液を溶解させて痛みや血液の滞り(瘀血)を改善して治療していきます。

 

 

 P1010135ショウキT-1

  三七人参           ショウキT-1(タンポポ茶)

5錠×16包 ¥9180(税込)  30包 ¥11286(税込)

5錠×48包¥24300(税込)

 

 

1年半の不妊治療で妊娠、出産されました。

2015年1月8日 木曜日

34才女性(元看護師さん)、男の子出産されました!

 

 結婚して4年、なかなか子供が授からず、仕事を休職して治療に専念していたのですが

それでも授からず、当店にご相談に来られました。

 病院での不妊治療と併用しながら、その方の体質(証)に合わせ黄耆建中湯と

タンポポ茶を服用していただき、1年半、「妊娠しました!」と笑顔で来店。

その後も漢方は妊娠中も流産や妊娠中毒症、赤ちゃんがアレルギーなど無く元氣に

生まれてくることが多いと言って、自ら進んで妊娠中も服用継続していられました。

 その結果、無事(ぴかぴかの)男の子出産されました。

 先日、ご主人とお子さんと3人一緒にご来店されました。出産後も母乳も良く出て、

産後のトラブルも無く、お子さんも元氣いっぱいでした。

 何よりもお子さんを大切に抱っこしていたご主人の嬉しそうな笑顔が印象的でした。

 

<<おめでとうございます♪我々もとても嬉しいです。幸せのお裾分けありがとうございました。(^_^)v>>

 

 

 

 

薬学実習生来る!!

2014年11月4日 火曜日

P1010029 P1010030 P1010031 

 

  10/29,30の2日間、

 

           薬学実習生が研修に来ました。

 

薬科大学が6年生になり、新たに民間の薬局に2.5ヶ月間研修(実習)をすることが義務化されました。

 当店ではその中で、他の薬局ではなかなか行っていない「薬局製剤実習」と「漢方製剤実習」「OTC販売」「カウンセリング(漢方等の相談販売)」を受け持つことにしています。

 我々の後輩である薬剤師の卵に、調剤だけでは味わえない薬剤師本来の仕事を

薬局法に基づいて製造・販売することや、病気の相談に来られたお客さまに我々の

知識により薬を販売をすることの重要性を伝えたいとついつい熱の入った指導をし

てしまいます!

 

 どの学生も「カウンセリング」や「OTC販売」を見学しているときは、真剣で、その後感想を聞くと目を輝かせて「すごい!患者さんがこんなに真剣に症状を話してくれるんだぁ」「自分も勉強してきたことでお客さまの力になりたい!」等語ってくれます。

 

 実習指導は、とても責任があり大変なのですが、薬学生の輝く瞳に励まされ、

またお引き受けしようと元氣づけられるのです。

卯木優香センセイ似顔絵②追記:10月は高齢者対象に古河の福祉の森で「くすりの基礎知識」について講演2日間を皮切りに薬剤師会での研修会、化粧品の研修会、さんさん祭り出店、薬学実習生の研修・・・と

すべての週で行事が詰まっていて休みなしのまるでつむじ風のように駆け抜けて行ってしまった、

1ヶ月でした。自分でもよく身体が保ったと新しい月に入りやっと一息ついております。

今月は夫と二人温泉にでも行きたいな~♪紅葉待っててくれるかな?

 

 

ページの先頭へ戻る